青森県上北郡六ヶ所村 再処理工場、燃料製造工場、濃縮工場の保守・保全、プラント運転受託、放射線管理

研究・開発

アイスプラグ

目 的

アイスプラグとは、系統隔離ができない機器や弁を補修する場合に、配管内の液体を凍結させて氷の"栓"を形成し、一時的に流路を遮断することで、補修等の作業を可能とする技術であり、一般的にビルや工場の配管メンテナンスに利用されています。 当社ではこの技術を、六ヶ所再処理工場にて用いられている試薬配管系統へ適用させるため、モックアップ装置を用いて配管材料や耐圧試験等様々な検証を行っています。

ワイドレーザー

目 的

ワイドレーザーは、照射されるレーザー光が幅広く、一度に物質の表面を極めて薄くけずりとることができることから、一般的に金属の表面クリーニング等に使用されています。
当社ではこの技術を、再処理工場で発生する再使用対象機器の除染に適用する事を目的に、レーザー照射による母材表面への影響や除染に最適なレーザー照射条件等を検証しています。
さらに、高線量環境下での除染を可能とするため、ワイドレーザーと遠隔操作ロボットを組み合わせ、遠隔操作の検証もしています。

J-BEST

目 的

外部電源喪失時や所内停電時などに備え、とても重要な役割を果たす設備の一つとして蓄電池設備があります。
非常時における再処理工場の健全性を維持するためには蓄電池容量が十分にあることが求められます。
J-BESTは、個々の蓄電池容量(電圧値をもとに%へ演算し、%表記が可能)を設備を停止することなく、全数を短時間でかつ正確に現場で測定できる新しい診断技術です。
当社ではこの技術を、適切な蓄電池設備の更新時期などを提案することを目的に、数値化した容量値から経年劣化傾向を確認するため、データを積み重ね研究を進めています。

ポータブルデジタルX線装置 digital NDI (RT)

目 的

医療現場にて確立されたデジタルX線撮影技術は、現像に時間のかかるフィルム撮影に比べ、わずか数秒で内部状態を可視化出来る技術です。
当社ではこのデジタルX線撮影技術の利点を、X線の透過が難しい再処理設備の配管やバルブ等の工業製品に対して適応させると共に、より正確な透過画像を得るため、様々な形状や肉厚の配管・バルブ等に対してX線とデジタルセンサの適切な透過条件を研究・開発しております。
また、最新型装置の機能や有功性等の検証試験も実施しております。

  • 日本原燃
  • 日本原燃分析株式会社
  • スパハウス ろっかぽっか
  • 六ヶ所原燃PRセンター